赤ちゃんの突発性発疹の症状と対処方法

突発性発疹の症状は、高熱の後にパラパラと赤い発疹がでる

 

初めての赤ちゃんの発熱が突発性発疹だったというケースは
珍しくありません。

 

生後6ヶ月前後から1才くらいまでの赤ちゃんが主にかかる
病気で、突然40度近い発熱と、熱が下がったあとか同時
くらいに全身に発疹が出ることが症状の特徴です。

 

2才以上の子供がこの病気にかかることはまれだと
言われています。

 

突発性発疹の原因はウイルスによる病気だということは
わかっていましたが、ここ数年のうちにそれが
ヒトヘルペス6型ウイルスという事が日本で確認されました。

 

しかし、感染の経路や感染源など、詳しいことは
まだ良く分かっていません。

 

はしかや水疱瘡のように人から人へすぐにうつるような
強い感染力のある病気ではありません。

また、原因となるウイルスに感染しても典型的な症状を示すのは
2人に1人とも言われており、発熱だけで終わったり、
場合によっては、ほとんど症状が出ないこともあります。

 

 

突発性発疹の症状が出てから完治するまでの経過

 

赤ちゃんが突発性発疹にかかると
突然39度から40度の熱を出します。

 

長くて7日ほど続くので、親はとても不安に思うものです。

 

でも熱の割に赤ちゃんは元気なことが多いのもこの
病気の特徴です。しかし、機嫌が悪くなったり、食欲が
落ちたり、下痢をしたりすることもあります。

 

完治するまでの経過として、4〜5日目に熱がストンと
37度台か平熱近くまで下がり、それと同時もくは翌日に
おなかや背中を中心にして、全身にパラパラと赤い
発疹が出ます。

 

その後2〜3日たつと少しずつ消えていきます。

 

あまりかゆみはありませんが、時には発疹をかゆがったり
むずがったりする場合もあります。平熱に戻ったあとも
数日間はぐずる赤ちゃんもいますが、発疹が完全に消える
頃には元気になっている事がほとんどです。

 

 

突発性発疹の対処は対症療法が中心

 

突発性発疹の治療はあらわれた症状に応じてケアをする
という、対症両方が主になります。

 

基本的には解熱薬や発疹用の塗り薬を使う必要は
ありません。

 

ただし、症状によって、熱性ケイレンを起こした場合に
は抗ケイレン薬を、ひどい下痢の場合には下痢止めや
整腸剤を使う必要はあるでしょう。

 

例えば、夜間に高熱を出した場合でも、熱があるだけ
で機嫌がよかったり、つらそうでなければ、解熱剤を
使ったり、救急病院に連れていく必要はありません。

 

ぐったりとしたり、ケイレンを起こしている場合は
別ですが、元気があれば、まず頭を冷やしてあげる事
の方が重要です。

 

親が添い寝をしながら赤ちゃんの様子を良く観察して
翌朝病院に連れていってあげてください。