赤ちゃんの肺炎の症状の見分け方│原因を知って素早い対応を

赤ちゃんの肺炎で最も多いのが「細菌が原因」で起こるタイプ

 

肺炎は、原因によって
細菌性肺炎、マイプラズマ肺炎、ウイルス性肺炎
の3つに分かれます。

 

発症のきっかけは、かぜをこじらせて肺にまで炎症を進ませて
しまうというものが一番多いパターンです。

 

中でも最も多いのが、細菌感染によって起こる、細菌性肺炎。
特に、抵抗力の弱い、1才以下の赤ちゃんが発病すると
重症になりやすいものです。

 

肺炎になると、まず、38〜40度の高熱が出て、それが
3〜4日以上つづき、その間胸が痛みmはげしくせき込みます。

 

せきは、初めのうちはコンコンという乾いたせきですが
しだいに痰のからんだゴホゴホという湿ったせきに変わり
血痰を吐くこともあります。

 

ぐったりして、おっぱいやミルクの飲みが悪くなり
脱水症状も起こってきます。

 

赤ちゃんの場合は、重症になると、呼吸が浅く、小刻みに早く
なったり、小鼻をピクピクさせたり(鼻翼呼吸といいます)
呼吸をするときに肋骨と肋骨の間がへこんだり(陥没呼吸)
といった、呼吸困難症状が出てきます。

 

このような症状が出たときは、すぐ病院へ連れて行ってください。

 

ウイルスと細菌の中間くらいの大きさのマイコプラズマ
という微生物の感染によって起こるのが
マイコプラズマ肺炎です。

 

5〜10才の児童がかかりやすい病気で、赤ちゃんにはあまり
見られません。はげしいせきがなかなか抜けないのが
特徴です。

 

 

赤ちゃんの肺炎に有効な治療法は?

 

細菌性肺炎は、原因となっている細菌に有効な抗生物質を
きちんと飲めば、だいたい1週間以内で完治します。

 

ただし、1才以下の赤ちゃんの場合は、点滴で構成物質を
投与するため、1〜2週間程度の入院治療が必要となります。
呼吸困難症状を起こしている場合も、入院治療が必要です。

 

ウイルス性肺炎は細菌性肺炎にくらべると症状が軽いことが
多いのですが、はしかの合併症として起こる肺炎の場合など
生命に関わるほど重症になるものもありますし、

 

赤ちゃんの場合は、呼吸困難症状に陥ると危険なので、小児科
を受診し、医師の指導に従ってください。

 

マイコプラズマ肺炎は、熱は出ないか、微熱程度で、ほかの
肺炎とくらべると割と元気に見える事が多いので
しつこいせきが続くので、診察に行ってみたら、肺炎だった
とわかることもあります。

 

治療は、エリスロマイシンなどの抗生物質によっておこないます。
自宅治療ができ、1週間の薬の服用で安静にしていると完治します。